· 

世に出ている電解水のいろは

 

製品名:アルカリ電解水・アルカリイオン電解水・強アルカリ電解水・還元水・活性水素水・100%水・高アルカリ性の力etc・・・。と、同じアルカリ電解水でも色々な表示があります。

 

pH値:pH12.5   pH12.7   pH13.1   pH13.2   pH13.4   pH13.8・・・・

これもまた色々有ります。

 

添加物:水酸化ナトリウム・炭酸カリウム・苛性ソーダ・記載無く不明も結構あります。

 

その他注意:年月によってpH値が下がる場合が有ります。(経年劣化)実際に書いてあったり、(pH値が数カ月で劇的に下がる)のに書いてなかったりもします。

 

使用方法:pH12.5   pH12.7はそのまま使用。他は水道水で5倍希釈・10倍希釈・20倍希釈可

 

解り易い違い=1.添加物が水酸化ナトリウムや苛性ソーダは酸化するので還元力は無い。

       2.pH値が高い方が洗浄効果は高い事が多い。(添加物や製法により変わる)

       3.大体の電解水はpHの維持が出来ない。(洗浄効果が下がる)

 

【まとめ】上記の様に色々な商品があって消費者に違いが分かり難いため、電解水の優れた効果が世間に浸透しきれなかった。違いを理解すれば安心して使用出来ます。

アルカリ電解水を理解して使用している業界はビルメンテナンス会社や食品加工場などの一部だけです。もっとみんなが認識して使用すれば、確実に地球環境汚染のスピードは遅くなります。